育児休業

育休すると昇進できない!?~男女問わず2~3年見送りの不都合な真実

2021年4月16日

先日同僚と話していてこの不都合な真実に改めて気づかされました。
この仕組みを変えないと、積極的に育休を取る人は出てこないと思います。

でも、この不都合な真実を利用して転職というのも手です。

私は育休中の転職から年収を+300万円増やし、二年目は転職前と比べて+500万円増やしました。

育休でキャリアが閉ざされた!!と思っている方は、転職エージェントへの登録をお勧めします!!

ちなみに私の年収アップを叶えたのは、en World:エンワールドですが、JAC Recruitment:ジェイエイシーリクルートメントも並行して利用していました。

あなたは自分の会社が評価サイクルを知っていますか?報酬改定のタイミングは、年何回ですか?

だいたいの人は年1回報酬が改定されると思います。

ですが、以下の表のとおり、昇進の査定が年1回だと、育休を取ると宣言した瞬間に昇進させてくれない会社がほとんどです。

この内容に反して昇進してくれている会社はありますか?!

もしあるとしたら、報酬の査定が終わっており、その後に育休宣言を出した方くらいだと思います。

私がいた会社もそうでした。育休は1年もらったけど、昇進はさせてもらえそうもありませんでした。

そりゃ、働いていない期間を考えると、当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、大学卒業後の22歳から働いたとして65歳までの会社人生は43年間もあります。

一人子どもが生まれて3年昇進が遅れます。

二人子どもが生まれる6年昇進が遅れます。

三人子どもが生まれると9年です。

3人子どもがいる人は、働いていない期間は育休中の3年間だけなはずなのに・・評価の対象となる期間は10も年差し引きされます。

会社人生で考えると1/4もの期間を評価してくれないなんて・・こんな状況で、働かなければならない期間が続くのです。

そんな逆境ではありましたが、私は転職により年収をUPさせました。
1つの会社にいることが全てではない、ということは確かです。

これからの企業は育休をとる予定の人もポテンシャルがありそうな人は辞めないように伏線をはる仕組みを作っておかなければいけないのではないかなと思います。

転職すれば30歳前半で年収1000万円:100万円給与UPも夢じゃない転職術

世の中にはたくさん上があるので年収が高いだけが幸せではありません。 都内周辺に住む人はそれなりに年収1000万円超える人はいますし、生活コストが上がってたら貯蓄出来ないので、何を幸せとするかはよく考え ...

続きを見る

自分のキャリアを描いていきたい人からすると、会社に依存する生き方はよくないです。

仕事を変えながら、自分の可能性を高めていくことの方が価値があると感じます。

自分にどれだけ可能性があるかを教えてくれるのは、エージェントの方々です。

くれぐれも、転職サイトは求人は教えてくれますが、、自分が考える可能性からしか応募をできませんので、ご注意ください。

この不都合な真実、人事部のみなさん、これに対してどう対応するつもりなのですか?

ちなみに、私はこの不都合な真実に気づいてしまい、育休で復帰せずに転職をしてしまいました。

結果的に以下のような生活を送ることができています。

 

何を幸せとするか、本当によく考えないと、会社の歯車として生きるだけになります。

今も私は会社の歯車であることは変わらないのですが、縛られない生き方を得たような気がしています。

COVID-19でニューノーマルな時代がやってきましたが、これは活用できる人たちにとっては追い風の変化だと思います。

しっかり風にのっていきたいですね。

育休中に男性が転職する方法:転職理由や具体的な方法を公開します。

私は育休を1年間取得し、育児休業満了時に転職をしました。育児休業とコロナによる外部環境の変化は、私自身の働き方を変えるきっかけとなりました。本記事では、育児休業中の転職方法について書いていきます。 こ ...

続きを見る

広告

-育児休業
-, ,

© 2022 まろの育児ときどき転職、ところにより副業 Powered by AFFINGER5