転職

転職エージェント比較:en worldとJAC Recruitment

2022年9月11日

子どもの誕生をきかっけに転職を繰り返しているまろです。

子どもの誕生を通じて自分は今のままの生活スタイルでいいのか?今のままの仕事スタイルでいいのか?を考えさせられます。

私は現在登録している4~5社の転職エージェントを登録していますが、その中でもいろいろな情報が手に入ったなぁ、と感じている2社があります。

両社は私にとっては両端に存在するエージェントなので、今回はあえてこの2社に絞って比較をしていきたいと思います。

その2社はJAC Recruitment:ジェイエイシーリクルートメントen World:エンワールドです。

ちなみに、最近登録してみてその情報量に驚いているのはビズリーチです。

登録するとたくさんのメールが毎日送られてきます。その情報量は非常に多く、いろいろな方の転職、成功談、失敗談を発信しておりコンテンツに飽きません。

登録されていない方は是非登録するといいと思います。

ただ、今回は私がとってもお世話になった&なっている en WorldとJAC Recruitmentに特化して何がどう違うのかを書いていきたいと思います。

2社のうち外資系に強いのはen World:エンワールド

外資系に強いのはen Worldだけではないのですが、個人的にはen Worldは外資系に強いリクルーターだなと感じています。

外資系に強い会社はファーストコンタクトが英文であることが多い

JACリクルートメントに比べるとリクルーターからの英文メール率が高いことが大きな理由です。

どの外資系のリクルーターもだいたい最初に英語でメールを送ってきます。

上記は私のLinked inに送られてきたメールですが、基本的につながりリクエスト→その後面談もしくは電話などでの情報交換の連絡を受け取ります。

英語でメールを送りつつ、返ってきた英文をみながら外資系向きかどうかも判別しているのかもしれませんね。

この手のメールが送られてきたら、基本的に私は

「Thanks for getting touch with me. keep in touch! 」とだけ返すことにしています。

そのあとの反応をみながら面談を約束することもありますし、そのまま終わることもありますが、電話先も英語であることが多いです。

ペラペラである必要はないものの、自分の要望を英語で伝えるくらいの意思疎通能力が必要となります。

それほど流暢である必要はありません、まずは話してみるのがいいです。
外資系で働くための英語マスター方法 必要な英単語は3000語

外資系で働いているとわかりますが、専門能力がコミュニケーション能力を補完してくれることが多くあります。 いわゆる専門職を持つ人が英語を使って仕事をする場合はその高い専門的な知識と英語を結びつけることで ...

続きを見る

エンワールドのいいところは、転職を希望している私を急かさなかったこと

そして個人的にen Worldがいいなと思うことは、適切なタイミングで適切な求人内容を提案してくるところです。

もともと、私がen Worldのリクルーターとつながったのは、転職をする3年前のことでした。

最初にリクルーターとつながったころは、当時の職場に対して違和感を感じていたものの、紹介いただく転職先もいい求人なのか判断できないような内容でした。

ただし、自分のバックグラウンドと自分のやりたいことをしっかり伝えておいたところ。

つながってから3年後に自分に合う求人を用意してくれました。

リクルーターは転職させてなんぼの世界であるにも関わらず、焦らずに待ち続けて、求人を探し続けてくれていたことに感謝せずにはいられません。

あなたも、もしリクルーターに転職を急かされるようなことがあるようだったら、そこは立ち止まって考えてみてもいいのかもしれません。

本当に自分のことを考えてくれるリクルーターは決してあなたを焦らせたりしません。

日系も外資系も両方気になるならJAC Recruitment:ジェイエイシーリクルートメント

en Worldは外資系に強い一方で、JAC Recruitmentは日系、外資系どちらも情報を提供してくれます。

いきなり英語は微妙だよね、と思う方もJACであれば、面談は日本語で実施してくれます。

また、英語のサポートもしてくれるので、後々外資系で転職したいと思う方も、JACは選択肢の1つとしてあがります。

私は初めての転職が日系企業から、外資系企業への転職だったため、この英語サポートを頼りにして転職をしました。

転職の際に自己紹介の仕方や志望動機の答え方、転職後の意気込みなどが答えられるようになります。

英語は実務をしてなんぼです。

JACリクルートメントはなが~く、ゆる~く繋がってくれる

私がJACとやり取りを始めたのは実に10年ほど前です。登録した後に面談希望を出すと以下のようなフォローアップメールが送られてきます。

このメールからすべてが始まるのです。

このメールのあとに私は面談を実施し、レジュメを提出し、その後も定期的に求人の案内を受け取っています。

JACリクルートメント登録方法

最近の転職サイトはどんどん登録が簡単になってきています。

下の画面までいったらあとは個人情報を入力するだけです。

登録するレジュメは以下の記事を参考に書いてみていただければと思います。

育児休業中の転職活動中に私が実際使ったレジュメを抜粋して共有します!

こんにちは、転職活動を進めていくと、レジュメはありますか?と聞かれます。 レジュメとは、いわゆる職務履歴書のことですが、最近は手書きで書くということはなく、基本的にPCで作成し提出することが多いです。 ...

続きを見る

登録して10年以上経ちますが、いまでも定期的にメールでのキャッチアップがきますし、

最近はセミナーなどいろいろなイベントも実施しているようです。

日系も、外資も両方情報を手に入れたい場合は、JACはおすすめです。

外資系でいくかたはen World:エンワールド、日系も外資系も両方情報が欲しい方はJAC Recruitment:ジェイエイシーリクルートメント登録していない方はぜひ一度登録してみてください。

情報が入ってくるようになるだけで、人生が変わった気がします。

あとは、行動あるのみです。

 

広告

-転職

© 2022 まろの育児ときどき転職、ところにより副業 Powered by AFFINGER5