転職

転職の連絡がたくさん来て困った!そんな人必見、転職時の求人の見方。

2020年12月10日

転職エージェントに登録してたくさんのメッセージを受け取るようになりました。
どれも大事そうで全て連絡を取ろうと思うのですが…。
転職エージェントに登録した成果が早速出てきているのですね。
この後のステップ、ちょっと相談していきましょう。

情報の集め方

転職活動で大事にすべきポイントは良いリクルーターさんと知り合えることに尽きると感じています。リクルーターさんは常に求人案件のアンテナを張っており、その方が自分の経歴を理解してくれていると、●●さんにピッタリの仕事だと思うので紹介します。というように連絡をしてきてくれます。

ただ、良いリクルーターさんと出会うまでは転職サイトからのメールを大量に見ることが、世の中に出ている求人への感度を上げるきっかけとなります。もう要らないよと思うくらいまで求人を受信しましょう。

これらの情報を得ながら、以下のようなポイントを整理していきます。特に能力の部分は重要で、足りない能力があると感じたら転職活動中に補強しておく必要があるので、自分の能力の棚卸しもしておきましょう。

  • 自分がアンテナを張っている転職市場にはどのような求人が存在しているか
  • 給与面の相場はどれくらいなのか
  • 自分が好きになれそうな案件は世の中に出ているか
  • どういった能力(コンピテンシー)が求められるか

ちなみに、私はネットにある、en-japan、リクナビネクスト、日経キャリアネットなどを使っていましたが、それらのサイトから2つの機能を活用していました。

スカウト機能

スカウト機能の良いところは自分のやりたい分野を明確に出来る点です。

自分がチェックした興味ある業界、経験したことのある業界という内容を元に、いくつかのエージェントがスカウトをしてくれます。

私は転職を始めた頃は、メーカー勤務だったので、メーカーの製造部門、品質管理部門は経験している欄としてチェックをいれ、興味がある業界として、商社、コンサル、メーカーなどをチェックを入れていました。

スカウト機能を使う際には、自分の能力を記載する欄があるので、私は如何に目につく能力をかけるか、という点を大事にしました。

例えば、

資格、TOEICの点数、ITリテラシー(使えるプログラミング言語、Word、Excelなど)、プロジェクトマネジメント経験(リーダーとして)、自分が達成したと言える大きな仕事

これらの内容を明確に書いておくと、スカウトされる頻度が高まります。また、ここでまとめておくことで、いずれは必要になる職務履歴書の作成の一助となります。

求人ニュースを受けとる

求人ニュースは、自分の関係ない分野でも1日10個くらい情報が流れてきます。

毎日見るなかで、どのような仕事が人手が足りないのか?どのような仕事だと待遇がいいのか、ということを感じとることができます。

個人的に気になったのは国立天文台の職員(ハワイ勤務)などでしたが、実際に実務に就けないような案件もありますが、色々な求人があることを実感出来ます。

ただし、情報量も多いので求人ニュースは以下の3つを目安にスクリーニングしてみてください。

  1. 自分がやりたいこと (海外勤務希望か出張希望か)
  2. 自分が最低限守りたい価値観 (勤務地はどこか、職場でなくても仕事が出来るかなど)
  3. 自分のバックグラウンドに重なる仕事 (転職市場が活況とはいえ、バックグラウンド、もしくは活かせる資格を持ってると最短で自分の就きたい仕事に就けます)

1つめのスカウト機能でコアな求人を受け取り、2つめの求人ニュースで広く転職市場を俯瞰することで、自分の得意とする分野については狭く深く、その他の分野については広く浅く情報を整理することが出来たように感じています。

まとめ

転職業界にはたくさんの情報が飛び交っています。リクルーターさんとの関係性を構築するためにも、まずは自分を知ってもらう必要があります。

自分の能力を棚卸しして、しっかり情報をキャッチしてください!

すぐに良い求人は来ないかもしれませんが、半年~1年くらい続けていると、自分にあった場所が見えてきます。

転職活動は是非楽しんでやってください!こんな業界もある、あんな業界もある、と楽しめたら続きます!

広告

-転職
-

© 2021 まろのみちしるべ Powered by AFFINGER5