不動産投資

不動産投資をやる理由を考えてみる

2021年8月27日

今回は不動産投資について考えたことを書いていきたいと思います。

人というのは面白いですね。

得体の知れないものに突然近づかれると、少しあとずさりしますよね?

でも、人から近づかれたのではなく、自分が近づいていったらどうなりますか?

意外と怪しいものにも近づけるものです。

つまり、興味があることについては、自分から近づいていくべきではないかというのが最近の私の持論です。

私は今まで不動産投資というものに興味はありながらも怪しすぎるから実施してきませんでした。

実施しなかった理由はほとんど相手が勝手に営業してくるからでした。

この営業パターンはデパートに行ったときに、少し気になる洋服があるのだけど、買うか迷っているのに、突然やってくる店員よりも酷いです。

人の懐に勝手に入り込み、興味もないのに押し付け売りをしてくる。

デパートの洋服の数万円~からの値段ですらそうなるのだから、数千万円の値段をやり繰りする不動産営業はもってのほかです。

そして、だいたい多いのは不動産投資で得られるという以下の3つのうたい文句

1.節税になりますから
2.保険代わりになりますよ
3.老後に備えませんか

この怪しいうたい文句に出来るだけ目を向けないようにしてきたのも事実です。

そして、一方で、早々に会社を辞めて独立した友人が不動産投資をしていた友人がいることも知っていました。

ただ、断片的な知識だけで、実際儲かるからくりが見えてきません。

そんな時、とある人に出会いました。

インターネットの世界に感謝するしかないです。

インターネットの発達によってこれまで出会うはずもなかった人に出会うことが出来ます。

この人との出会いによって私の不動産投資への理解は急速に深まっていきます。

広告

-不動産投資

© 2021 まろのみちしるべ Powered by AFFINGER5