副業

30代後半で年収1500-2000万円家庭の生活実態

大学生の時に先輩から年収1000万円を超える会社に就職が決まった!

という話を聞いて、就職活動の1つの目安は年収1000万円を超えることなんだと勝手に思っていました。

しかし、30代になり、年収1000万円こえてもあまり生活スタイルが変わっている気がしません。

むしろ、子どもが二人いて習い事をしたりするとお金は羽がはえているかのように飛んでいき、お金が足りないと感じるのは、どの東洋経済などの雑誌でマネー相談をしているが指摘していたり、ひろゆきさんがコメントしている通りだな~とうなずかざるを得ません。

とはいえ、原資となる年収が高いにこしたことはありません。

年収をもっと増やしたいな~と思う方は是非英語&転職を視野に取り組んでいただければと思います。

転職すれば30歳前半で年収1000万円:100万円給与UPも夢じゃない転職術 | まろの育児ときどき転職、ところにより副業 (nicopoco.com)

さて、本題にはいります。

まずは我が家について記載します。

私:年収1500万円(転職を繰り返しながらここまできた)+副業500万円程度(2022年着地見込み)

妻:年収600万円(育児休業中)

子:2人

 

年収1,500万円とは、手取りとして1,000万円程度が手に入るレベルです。

共働きで750万円の年収を受け取っていると、1,100万円程度が手元に残ることを考えると、1馬力で働くには少し非効率的な感じです。

払った税金が還付される仕組みがないのか、というと不動産投資をしながらやりくりをします。

以下でも触れています。

児童手当に制限がかかっていた私が〇〇で満額貰えるようになった話 | まろの育児ときどき転職、ところにより副業 (nicopoco.com)

こんな私の暮らしぶりとしては決して贅沢はしていない、、と思います。

少なくとも自分自身への投資は本や勉強くらいです。

どんな生活実態なのか・・・。

1.家族で格安SIMを使っています。

携帯代金の出費は子どもの分も含めて4,000-5,000円程度です。

私の場合は副業のほうでも携帯を使うので、上記の携帯代金は4回線分の代金です。

内訳は、日本通信2台(290円+1290円)、楽天モバイル(990-2,980円)、LINEMO(990円)です。

2.マンション住まいです。

ローン+月々の管理費で約13万円程度でやりくりしています(あまり値段の高い家ではないです)。

都内までは30分程度、職場までは40~50分程度、リモートがメインなので近くに住む必要はないものの、あまり遠い場所に住んでいるわけではないです。

3.育児休業を取っていたので給料がない1年間がありました。

正直お金はなければ、ないなりにやりくりができるものです。

年間の出費を育児休業給付金の中でやりくりしました。

4.服は基本的にUNIQLOだが、アウターだけは少し着飾る。

衣装はきれいに、と思いつつも基本的にあまり高い服を買いたいという思いはありません。

中身が大事なので、夫婦そろってあまり衣装は気にしていません。

5.お小遣いはない

私はお小遣いというものがありません。

基本的に出費されるのは1カ月に1回いく1000円カットの散髪代金くらいです。

たまに本を買うことはあるので、全くお小遣いがないというのは語弊があるかもしれませんが、

いわゆる趣味や飲み会代みたいなものは一切ありません。

(飲み会は誘われてもあまり参加しません)

6.1000円カットに通う

時間とお金の両面から1000円カットに通っています。

昔は美容院に通っていましたが、、美容院にいくとだいたい1時間くらいかかってしまいます。

待つ時間が長いことが理由ですが、個人的にこれは非効率だと感じていて、美容院は1000円カットで十分だなと感じます。

だいたい30分以内に帰ってこられるし、在宅だと空いている平日の朝に散髪できるので、便利です。

Domaniに、出費目安が書いてありますが、教育費以外は大幅に下回っています。

ただし、教育費だけはほぼ青天井です。

・住宅費:18万円⇒13万円(5万円差額が生まれる)
・食費:12万円⇒8万~10万円くらい(たまに外食いくと10万円に近付いてしまう)
・水道光熱費:3万円⇒同じくらい
・通信費:4万円(スマホ、ネット)⇒これが1万円(スマホ&ネット、差額3万円くらい)
・生命保険料:4万円
・車:3万円(ローンや保険)
・日用品:2万円
・医療費:1万円
・教育費:15万円(学校や塾)
・交通費:3万円⇒かからない
・服、趣味、交際費:5万円⇒かからない
・お小遣い:10万円(夫婦5万ずつ)⇒かからない

引用:世帯年収1,500万円はどんな暮らし?データから見るライフスタイル | Domani (shogakukan.co.jp)

子どもの教育費って結構かかります。習い事をさせたりすると、書いてある金額くらいかかるのではないかなと思います。特に2人いると1.5~2倍くらいかかるので、他の出費を抑えなければいけません。

でも、なんで教育費は捻出するのかというと、もっと広く世界をみると教育費というのは高いものです。

アメリカの大学の学費は300-500万円くらいという話もあります。

人への投資は惜しまず、自分は倹約して生きる。

そんな親でいたい一心で生きていますが、行うは難しです。

しっかり原資を増やしつつ、キャッシュフローの溜まる側の流れを増やしたいものです。

結局、出費としてはどれくらいなの?という話ですが、

手取り:月90万円、出費月:60~80万円程度

こんな感じかな~と思います。

本業の収支をみているので、副業側、妻の収支分はみていません。

 

そんな私の投資スタンスですが、、以下のような感じで、贅沢はしなくても、堅実な投資を心がけているつもりです。。

投資スタンス(株式&投信)

大化け投資はしない、基本的にインデックス投資

東急クレジットカード払いや楽天で5~6万円の投資をしています。

ドルコスト平均法で投資するのが経済のうねりを回避できます。

投資スタンス(不動産投資)

そんな私ですが、不動産投資もします。不動産収入は現在20万円くらいですね。

借り入れもあるのでプラスマイナスでみるともう少し少ないですが、10万円前後は手元に残るような投資スタンスです。

保険も投資の対象としてみる

年金代わりの保険商品をメインで持ちつつ毎年積み立てをしてます。

解約返戻金としてみると、保険、株式、投信、現金比率は以下のような感じです。

ここまで書いてきましたが、贅沢はせず、堅実にお金をためつつ、投資に回す。

というスタンスを貫きながら教育に投資するという精神で生きていきます。

教育という意味ではもっと多くの人に還元したいという思いはあるものの、、、

今は自分の周りにいる人に対する投資しか出来ていません。

広告

-副業

© 2022 まろの育児ときどき転職、ところにより副業 Powered by AFFINGER5