不動産投資

不動産投資に失敗するパターンと成功するパターン

不動産投資してますか?

不動産投資と聞くと、”怪しい”としてしか思わないことが沢山ありませんか?

私もそんな一人です。でも、不動産投資は優良物件に出会えれば成功することもあるのです。

今回は実際私が不動産投資をしながら必要だと思った条件を整理していきます。

成功する条件

立地条件:東京23区、神奈川 川崎市、横浜市の駅徒歩5分以内(関西、名古屋もいい物件はありますが、関東在住なので関東に絞りました)

キャッシュフローに対する理解:利益だけでなくキャッシュフローで考える→累進課税の仕組みを最大限利用する

*地価、路線価、減価償却、税金など最低限の知識はあった方がいいです。

出会い:信頼できる投資用不動産屋さんに出会う

決断:やらない理由を探し続けないこと、買い物には思い切りが大切

関係性:お客さんで終わらないようにする

分析:成功している人はもちろんいるのでしっかり分析しましょう

失敗する条件

知識不足:言われるがまま買ってしまい、立地条件をあまり考えていない

ボラティリティ:家賃の騰落率が大きい物件

具体的な事例

福岡の博多近辺の物件は不動産投資でよく紹介されます。私も何度か紹介を受けたことがありますが、実は騰落率が激しいそうです。

成功している人の分析不足

家賃相場の分析不足:家賃が一定値で推移していることが大切です。

 

不動産は高い買い物なので簡単に決断が出来ないものです。とはいえ、不動産を購入するときは銀行からお金を借りることが出来ます。

不動産投資用ローンでも2%前後で借りることが出来ます。

投資はお金を借りながらお金を循環させるものです。循環させなければお金は増えていきません。

会社もそうでしょう。

お金を借りて、循環させることで2周目はもう少しおおきな循環が生まれます。

焦らずに少しずつ循環させていきましょう。

広告

-不動産投資

© 2022 まろのみちしるべ Powered by AFFINGER5