生活の知恵

【保存版】家で作る炭酸水の楽しみ方と注意点

2021年4月24日

だんだんとあたたかくなり、炭酸水がおいしい季節がやってきました。

私は炭酸水ユーザーなのですが、色々と家で出来る炭酸水を試してきました。

炭酸水を手に入れる方法は全部で3つあります。

1.市販のPETボトルで炭酸水を購入する

2.重曹とクエン酸で化学反応により炭酸水を手に入れる

3.二酸化炭素を吹き込む形で炭酸水を手に入れる

【e-soda】オリジナルドリンクが自宅で作れる

おすすめはこちらです👇

市販のPETボトルで炭酸水を購入する

単価が500mLあたりで50円~90円くらいと幅がありますね。1Lを98円くらいで購入することも出来ますが、冷蔵庫で保管している間に炭酸が抜けて美味しくなくなってしまいます。

私は炭酸水をPETボトルで購入する場合は、500mLで購入し1日で使いきるようにしています。

重曹とクエン酸で化学反応により炭酸水を手に入れる

【材料】

500mLの炭酸飲料が入っていたPETボトル、重曹(食品グレード)、クエン酸(食品グレード)

重曹(炭酸水素ナトリウム)950g食品添加物 重曹 送料無料 「1kgから変更」

価格:550円
(2021/4/24 23:25時点)
感想(319件)

 

無水クエン酸(食品添加物グレード) 950g 【送料無料】【ゆうメールで郵便ポストにお届け】【代引不可】【時間指定不可】 純度99.5%以上 [01] NICHIGA(ニチガ)

価格:660円
(2021/4/24 23:26時点)
感想(1169件)

【作り方】

1.PETボトルに490mL程度水を入れて冷蔵庫で冷やしておく

2.冷やしてある冷蔵庫に無水クエン酸、重曹をそれぞれ小さじ1(5g)いれる。

3.すぐに反応して泡が出てくるのでキャップをする。

完了:少しすっぱいですが、おいしい炭酸水の出来上がりです。

注意点:重曹は炭酸水素ナトリウムで出来ているので、この方法で炭酸を作るとナトリウム含有量として食塩5gとったこととほぼ同等の扱いになります。

ナトリウムの過剰摂取につながるので注意が必要です。

ただ、すごい単価は安いです。

500mLあたりの炭酸水単価は6円+水道代で済みます。

*計算根拠

(550円+660円)/200回(1kg入っているので、5g×200回=1kg)⇒6.05円

二酸化炭素を吹き込む形で炭酸水を手に入れる

おそらく、品質とコストのバランスを取ると、これが一番いい方法だと思います。

単価は18円です。

初回に本体代はかかりますが、飲めば飲むほど単価が下がっていきます。

単価は66円/500mLからスタートし、計算上は30円代にはなると思います。

クエン酸の味もしないし、ナチュラルな炭酸飲料を飲むことが出来ます。

また、PETボトルで買ってきた炭酸飲料は長期保管が効きませんが、これは長期保管もできて便利です!

【e-soda】オリジナルドリンクが自宅で作れる

これからさらに暑くなってくるので、炭酸飲料は欠かせません。

広告

-生活の知恵

© 2021 まろのみちしるべ Powered by AFFINGER5