株式投資

再現性がある投資方法はないから、損切りを覚えましょう。そして、世界経済に投資しましょう。

2021年3月5日

気が付いたら投資歴10年になってしまいました。

これまで色々な投資方法を試してきましたが、利益を確実に出す方法はありません。

しかし、利益を最大化して、損失を最小化することでトータルでの利益をプラスにすることは出来ると10年投資をしてきて感じています。

一番良くない投資法は仕組み化されていない投資法

個人的に一番良くない投資方法は仕組み化されていないものだと感じています。

人は頻繁に判断を誤ります。

その判断を誤る最大の理由は損失を抱えた時です。

仕組み化されていないと、損失はぐんぐん拡大していきます。

いつか上がる、いつか上がると信じて保有し続けるのですが、これ以上耐えられない!となり、

耐えられなくなって手放すと、周りの人があざ笑うかのようにリバウンドします。

これまで投資をしてきた人は、それをよく理解しているのだと思います。

 

そして、判断を誤るもう一つの理由は利益が出続けているときです、利益が出ているので、普段は実施しない信用取引などに手を出してしまうのです。

ルールを決めて堅実に投資していくのが、一番いい方法なのではないかと感じます。

個別株に投資する方は損切りのルールを決めて機械的に損失を決定していくのがベストです。

世界経済に投資をしよう。

そして、個人的にお勧めの投資法としては、世界経済への投資です。

かなり再生されているので皆さんも見たことがあるかもしれませんが、How the Economic machine Worksという経済のしくみが分かりやすいYou Tubeがあります。

これを見ているとわかるのですが、経済は波をうちながらも成長しています。

いわゆる、ドルコスト平均法にのって投資するのが経済の波を乗るにはいい条件なのではないでしょうか?

また、以下のHPによるとGDPはコンスタントに増えております。

GDP (constant 2010 US$) | Data (worldbank.org)

直線的な伸びです。

GDPの成長率も3%前後を維持している率が高いです。

もちろんリーマンショックのように影響を受ける年もありますが、こういったリスクをヘッジできないので、ドルコスト平均法が無難だと感じます。

個人的にはインデックスファンドへの投資がおすすめです。

世界経済全体の波にのりながら、GDPの成長率にあわせて資産を持つ。

また、2021年以降も2040年くらいまではGDPが伸び続ける様子がえがかれております。

どこまで信じるかはあなた次第ですが、書籍、ファクトフルネスにもあるように人口が増え、その人口にあわせて生活水準が高い人が増え、GDPを押し上げていくのですから、世界人口の伸びとGDPはそれなりに相関があると思われます。

成功した投資方法と成功しなかった投資方法

個人的に利益を出した投資法

インデックスファンドへの分散投資

トレンドを使った投資

個人的に利益を出したが再現性がなかった投資法

波乗り投資法

 

下山敬三オフィシャルウェブサイト|株式投資家 (shimoyamakeizo.com)

You Tubeを見ていると投資法として色々紹介されており、それなりに利益を出せるのですが、トレンドが転換した際に含み損を拡大させるリスクがあります。

結局はトレンドを見極めて、投資をしていく必要があるのと、手仕舞いをいつにするかを考える必要があります。

それなりにセンスが必要です。

広告

-株式投資

© 2021 まろのみちしるべ Powered by AFFINGER5