生活の知恵

【生活の知恵】陸マイラーのポイント生活:三井住友VISAカードのVポイントとマイル

2020年6月から三井住友VISAカードのポイントサービスが変わり、SMBCポイント、ワールドプレゼントポイントとされていたものがVポイントに統合されました。

これまで三井住友VISAカードのポイントをマイルに変更してきた私としては、どうなるの??という思いで見守っていましたが、静観していても何も変わらないので実行してみることにしました。

詳細は以下のブログがわかりやすかったので、説明はすけすけさんの記事に譲ります。

https://www.sukesuke-mile-kojiki.net/entry/vpoint

Vpointだけを他社ポイントにできるか?

私が知りたかったこととしては、VポイントとANAカード合計というのがあるのですが、このうち、ANAカード合計は使わずに、Vポイントだけを他社のポイントに移行できないか?ということでした。

結論

結論としては、ANAカード合計よりも合計以外のポイントが優先的に消化される。ということがわかりました。

 

 

結論を先に伝えてしまいましたので、以下は読みたい方だけご確認ください。

何故はやくポイントを変えたかったのか?

私が上記の疑問を持った背景としては、私は楽天カードユーザーでもあるのですが、楽天ポイントの還元率が2020年10月1日から変わるということだったからでした。

私はANAゴールドカードユーザーなので、ANAゴールドカードに変換されたポイントは2倍分のマイルに変わります。

ANAのHPでは1マイル=1楽天ポイント(20,000マイルまでの交換であれば)なので、実はANAカードを経由する方が2倍ほど楽天ポイントとしての価値は高まります。

*ただし、30,000マイル目を交換するときは1マイル=0.5楽天ポイントです。

一方で、通常のVポイントはANAのHPを経由しても、しなくても価値は変わりません。

なので、今後、使い先がないかもしれないVポイントをどう交換しようか、3か月くらい悩んでいました。

悩んでいてもしょうがないので、思い切って変えてみようと思った結果、ANAカード合計分は消費されずにVポイントのみが消費されることがわかりました。

今後交換する時の参考にするために備忘録を残しておきます。

ポイントも鮮度があるので、注意して運用しなければなりませんね。

広告

-生活の知恵

© 2021 まろのみちしるべ Powered by AFFINGER5