転職

外資系企業に勤めようとしている人に伝えておきたい話

2021年9月6日

外資系企業で働いているときによく話が出る、外資系企業ってこうだよね~っていうネタを本日書いていきます。

外資系企業は一般的に日本企業よりも給与水準が高いと言われています。

それは色々理由があり、

例えば、日本企業特有の社宅がないとか、そういうことを総合的に考えると、額面給与は高いけど、自由に使えるお金はそこまで高くもないかも?と思うことが多々あります。

とはいえ、年収を1500万円くらいを受け取るくらいになってくると状況は変わります。

この辺までくると、だいたいの外資系企業で働いている人は、ピープルマネージをしていたり、会社の利益を左右するような大きなプロジェクトを動かしているケースがほとんどだと思います。

外資系企業の人事担当と日本企業の人事担当の役割は大きく違う

大枠としては一緒なのかもしれませんが、基本的に外資系企業の給与面、仕事の采配などは全てピープルマネージャーの役割となります。

この原則を理解しないままピープルマネージャーをやってる外資系企業のマネージャーがたくさんいることに驚かされます。

ピープルマネージをするということは、その人の伸び代がどこにあるのか、その人がどの分野を経験するとキャリア形成に役立つかを考えなければなりません。

ところが

日本の企業同様に社員を歯車のようにしか考えていない会社がほとんどです。

いつかは自分のもとを離れて超えていく存在を作る、そんな気概でピープルマネージをしなければ、いけないはずなのに、それを実行できている人は非常な限られているのです。

そして、とても残念なことは、日本の企業には定期異動というものがあり、もし有能でない部下の下で働いたとしても、定期的に移動するが発生するのですが、外資系企業はそうもいかないのです。

日本の企業は雇用関係が従業員と会社との間で発生しています。

ところが、外資系企業は雇用関係は従業員とレポート先との間に発生しているのです。

レポートラインとの関係性が大事になりますし、自分からキャリアを考えていかない限りは、場合によっては永遠にそのボスの下で働き続けることになります。

仕事という名前のとおり、仕えるということになってしまいます。

このため、外資で働いている人は、自分の外の世界の情報をとることにも積極的です。

日本の企業の古い習慣では、人事異動が発表されると、人の異動に関する噂が一気に広まります。

場合によっては社宅に住んでいる配偶者の方がたくさんの異動に関する情報を持ってたりするという異常な事態も見受けられます。

要するに全て関心のベクトルが会社の内側を向いているのです。

一方で外資で働く人のベクトルは外を向きます。働く舞台は自分の会社だけではないからです。

働く舞台を探し続けないといけないのです。

どちらが良いとか、悪いとかではなく、自分がどちらがあうか、という視点で会社を選ぶのが大切です。

今日は人の異動や人事に関する話でした。

広告

-転職

© 2021 まろのみちしるべ Powered by AFFINGER5